FC2ブログ

美容と人生

美容と人生2011

前回長文になった為に、
今回、後編の後編です(=・ω・)/

お待ちかね髪の艶

①まずは、乾かし方で艶を出す。 

(やり方)まずは、髪を持ち上げて根元(大げさには地肌)にドライヤーの風を当てて、
内側を乾かす。←内側が乾きにくいからです。ふんわりを目指して下さいネ(=・ω・)/

内側が70~80%乾いたら
全体的に70~80%乾かす。←やり過ぎない様に。
※ここからが重要
上から下(根元から毛先方向)に向けてドライヤーの風を当て、
お勧めは手で握る、もしくわ指で挟み、
髪の中間→毛先へ動かし毛先を内に、少し体の方へ入れながら乾かす。

その後、(大事)
出来れば、冷風で上記と同じ手の入れ方をして下さい。
正しく出来れば、確実に艶が出ます。

本当に?なぜ艶が出るのか?ですか、
分かりました、では解明されている部分で、
科学的に超簡単な理論でお答えいたしましょう。

熱により、髪自体であるケラチンの結合が少し乱れます。
冷やすとくっつき、いい状態に戻ります。
(冷風をしない方は、平均15分前後経つと髪が落ち着きます。)
ですので、応用でホットカーラー等で十分温まった髪を冷風で冷やすと、
カールの持ちが良くなります。
こういう事から、温風の間に手の平や、指などで整え、
冷風で繋ぐそれにより艶が出ると言う事です。

余談ですが、日常的な髪の結合に、
濡れると切れる、
水素結合と言うものもあります。
それは日常的に、お風呂で、プールで、
髪が濡れた時に癖毛の方でも、
髪がぺちゃんとなりますよね??皆さまいつも体験されていますよね??
しかし、乾かすだけでその結合は繋がるのです、

だから、乾く瞬間に髪を折っておくとその形になりやすいのです。
美容師さんに言われた事はありませんか??
「濡れたまま寝ると髪が傷みますよ」
「寝癖がひどくなりますよ」
水素結合の作用そういう事です。

乾かす時にはアウトバストリートメント(別名流さないトリートメント)これが必須です。
特にブローをされる方や髪を巻く方で、
使って無い方は、私が情報提供だけはさせて頂きますので今からでもどうぞ使って下さい
髪質や、季節によって選び方があります。
十人十色ですが統計学上でお伝えいたします。

(髪質)

膨張する髪のボリューム
を抑えるのは
「クリームオイル」←その名の通り、クリーム成分とオイル成分が混ざっているもの
が最適。

柔らかいストレート、すぐペシャンコになるそういう方は、
「ミストタイプ」のアウトバストリートメントが最適です。

は、出来るだけふんわり作れる様、ミストタイプ。
梅雨時期に、髪が膨れる方は、クリームタイプ、逆にヘタル方にはミストタイプ。

http://www.kamituya-ranking.com/ ←比較したサイト
↑       ↑
流さないトリートメント比較を
サイト上で見つけましたが、
私は、探し行きついたところでは、
↓       ↓
髪内部にCMCと言う(細胞膜複合体)部分があり、     
それを補充しながら手触りを良くする考えの会社が良いでしょう
※㈱リトルサイエンティスト(ベータレイヤーミスト)※㈱ベルローネ(ディユマルジョ)等々。
 お勧め考え方、商品 


次回
※こんな癖毛の方は艶が出にくいです。
や、
※ブロー法
そこからの、

※ダイエット法。
でぇす。(=・ω・)/お楽しみにぃ

<超余談>色んなものをまとめてみました。
アニメCまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130802917562590301
スポーツ、ダイエット
http://matome.naver.jp/odai/2130797396761712701
まじめな美容情報
http://matome.naver.jp/odai/2130781421658441301
心に残る映画
http://matome.naver.jp/odai/2130780127258143501
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ふむふむ

Re: タイトルなし

> ふむふむ

ためになりましたか??
見て下さって光栄です。(=・ω・)/
最新コメント
情報
ブログランキング参加中
ポチッと、付けといて頂けるとかなり喜びます。

FC2Blog Ranking

美容情報
美容情報エステナードソニック
情報
情報
情報
自分でネットショップ情報
情報エクササイズ
情報エクササイズ
情報
情報
プラセンタ情報
情報
情報
ネットショッピングを始めたいなって方
情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

にゃんこの靴下

Author:にゃんこの靴下
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新トラックバック
QRコード
QR
RSSリンクの表示